上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





>> 続きを見る

スポンサーサイト


テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック コメント:(0)




綾波レイ
あやなみ レイ
データ上の年齢は14歳
声 : 林原めぐみ
エヴァンゲリオン零号機パイロット(ファーストチルドレン)

第3新東京市立第壱中学校2年A組

第1話、公衆電話を切ったシンジが、そこにいるはずのないレイの姿を路上に見つけるところから物語が始まる(このシーンは最終話のシンジとレイがぶつかるシーンでも用いられている)。

過去の経歴は全て抹消されている。ほとんど感情を表さない。最初はゲンドウのみに心を開いていたが、徐々にシンジに心を開きつつあった。劇中で二度も明らかに致命的な事態になっているがその後必ず奇跡の生還を果たしていること、彼女自身が「自分は三人目だと思う」と発言したこと、また赤木リツコが破壊したレイと同じ姿をした大量の「イレモノ」などから、複数の「綾波レイ」の存在が示唆されている。物語の中では、1人目として最初に登場したのは、碇ユイが死んだ後の2010年である。だが、後に赤木ナオコを中傷するような悪口を言ったことで赤木を激昂させ、絞め殺されている。したがって、シンジが出会ったのは2人目のレイということになり、後に使徒とともに自爆したので、3人目が登場している。それ故か、N2地雷を手にした零号機で使徒に特攻をかけるなど、自分の命に対する執着が希薄であり、「私が死んでも代わりはいるもの」という彼女の独白にも表れている。

髪や目の特異な色を除き、その外見はシンジの母ユイに酷似している。初号機からユイをサルベージする過程で生み出されたクローン体的存在であることに、その原因があると考えられる。それゆえかゲンドウはレイに対して冬月が危惧するほどのこだわりを見せ、それを知らないレイもゲンドウを慕っていたが、やがてシンジに気持ちを移し、ゲンドウを裏切ることとなる。リツコはゲンドウとレイの親密ぶりに嫉妬の表情を見せることもあった。

初期のプラグスーツはノースリーブであったが、その後は通常のプラグスーツへと変化している。

団地に独り住まい。部屋は402号室で、刑務所の独房のような殺風景なものとなっている。シンジはIDカードや学校のプリントを届けに2度ほど訪れている。レイは部屋に初号機の起動実験のときにゲンドウが割ったメガネを置いていた。

生年月日は不明の設定。脚本によれば2010年の段階で「7歳に見えるが5歳」とあり、綾波レイという存在が出現したのが2005年であること、成長の速度が普通の人間より速いことが分かる。なお、後に展開されたグッズ上では2001年3月30日という生年月日を与えられているが、これは例外的なものであり、その他の資料では「不明」で統一されている。

色白、青(銀)色の髪、赤い瞳などから、アルビノ的造形を指摘する解釈もあるが、実際のところは「将来的にゲーム化された際、髪が青で目が赤ければドット絵でもレイと分かるだろう」という商業的な理由で決められた。キャラクターデザインの貞本義行が筋肉少女帯の「何処へでも行ける切手」という曲から綾波の包帯のイメージを得たとの逸話もある。だが同曲を作詞した大槻ケンヂの弁によると、そのイメージもまた丸尾末広の代表作「少女椿」の主人公・みどりちゃんが下敷きとなっているそうで、結果的にレイは別のマンガからの間接的なフィールドバックにより生まれたキャラとも言える。

肉は嫌いと公言し、第拾弐話でニンニクラーメンチャーシュー抜きをオーダーする。これは肉を全く食べられない庵野秀明の個性を写したものであり、庵野の作品『ふしぎの海のナディア』のヒロイン、ナディアと同じである。

テレビ版最終話で描かれた異世界、通称「学園エヴァ」では「おきゃんな転校生」という全く違う性格のキャラとして登場し、ファンに衝撃を与えた。そのキャラクターが、林原めぐみが演じた『スレイヤーズ』の主人公リナ=インバースに似ていたので、ファンによって“リナレイ”と言う通称を与えられた。

苗字の由来は、大日本帝国海軍吹雪型駆逐艦II型一番艦「綾波」から。名前の由来は『美少女戦士セーラームーン』のセーラーマーズ=火野レイからで、同シリーズに関わった幾原邦彦をスタッフに引き込もうという狙いから(この試みは成功しなかった)。また、「零」との掛詞である。

BUMP OF CHICKENの楽曲『アルエ』は、レイをモチーフに作詞作曲された。経済アナリストの森永卓郎がたけしのTVタックルや、自著「萌え経済学」で「私は綾波レイが好き」と発言した事がある。他にも小説家の滝本竜彦が『超人計画』にレイを出演させるなどしている。コスプレ・フィギュア(実物大のものが30万円程度で売り出された。)からイメクラでも人気が有り、「綾波はじめました」の看板を出した店も有る。綾波レイはヒロインの一人というだけではなく、クールな性格と印象的な容貌への人気からエヴァンゲリオンという作品を象徴するキャラクターになっており、広い範囲へファン層を広げていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


フィギュア紹介




テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック コメント:(0)

エヴァストア!幸運を呼ぶエヴァの携帯マチウケを期間限定配布しています。

レイは毘沙門天さまに扮して「開運」祈念!

アスカは弁財天に扮して「知恵」にご利益?

レイやアスカや、カヲルにゲンドウまでが七福神に扮したかわいいディフォルメキャラになっています。携帯サイトのオリジナルイラスト。新しい年、あなたの携帯に幸運を呼んでくれるかもしれません。

↓公式サイトはこちら




テーマ:新世紀エヴァンゲリオン - ジャンル:アニメ・コミック コメント:(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。